出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

ゲイ映画こぼれ話


映画こぼれ話イラスト 実はゲイ映画っていっぱい作られました。そんな中でも、選りすぐって作品紹介しちゃったり、撮影現場の思い出話をしちゃったり、キャストのオモシロ話などなど、とにかく裏話やこぼれ話など、いろいろご紹介しちゃいます。
もちろん、ご覧のみなさまからの突っ込みや映画やキャストに関するご質問もオッケ〜です。いろいろトークしちゃいましょう。

なお、個人情報などは省略する場合もありますので、ご了承下さい。

※出会い系の書き込み、個人情報、悪意ある書き込みなどは禁止致します。

 
映画こぼれ話

お名前 トリップ機能あり
タイトル
メッセージ
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png/2MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
返 信 返信無効にする



 昭和っぽい映画・・・。  スペルマン : 2021/10/24(Sun) 18:46 No.18 

「昭和っぽい」映画に見えるなぁ〜。でも、昭和ぽい映画だから、いいなぁ〜!!
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg


新しいレスから表示

 1. 昭和から令和まで  みるく紅茶@スタッフ : 2021/10/24(Sun) 21:58 No.19 

単独表示 p_op_kamigami.jpg
こんにちは、スペルマン様。
書き込みいただきありがとうございます。

> 「昭和っぽい」映画に見えるなぁ〜。

あはは〜
大阪・日劇ローズ様でただ今上映中の『神々が消えた日』のことですよね?

この映画を監督された小林悟(こばやしさとる)監督は1962年(昭和37年)に日本で初めて作られたピンク映画『肉体市場(肉体の市場)』(香取環主演/大蔵映画)を監督された方です。
そのせいか『肉体市場』はわいせつ容疑で警視庁に摘発されたものの作品自体は大ヒットし、今も続く「ピンク映画」というジャンルを生み出しました。

そんな昭和を代表する監督作品のひとつが現在大阪で上映中の『神々が消えた日』(工藤正人主演/大蔵映画)ですから、昭和感は満載です。

この『神々が消えた日』は1989年1月(昭和64年/平成元年)に初上映された作品で、撮影は昭和63年だったようです。
特に小林監督は作られた当時のイデオロギーを作品に持ち込む方で、本作の場合も「反核」への思いを作品のあちこちに散りばめられてます。
そんな構成方法も昭和な風景や感覚に溶け込んでいるのかもしれませんね。

> でも、昭和ぽい映画だから、いいなぁ〜!!

現在のストーリーがサクサク進む映画と違って、ゆっくりまったり進む時間の感覚もまたスクリーンからすこし目を離していてもストーリーが追えて気軽にご覧いただけるものと思います。
たまには昭和の感覚に浸ってみるのもおもしろいですよね。

このほかにも小林監督の昭和感満載映画といえば
 『バナナボーイ』とその続編である『フーテンのHOMOさん 夢人間』。
こちらは当時流行っていた『男はつらいよ』(渥美清主演/松竹)をパロった作品で、小林悟監督がコメディを撮るときに使っていた別名「新倉直人」名義で監督された映画です。

映画って、作品を通してその当時の記憶や思い出に浸る『時間旅行』のツールでもあると思います。
ぜひ楽しんでくださいね。

スペルマン様。書き込みいただきありがとうございました。
これからもゲイ映画と全国ゲイ映画上映館をよろしくお願いいたします。

[返信]
[修正]
ID:jgfapS.I72




 『ほんとうの空色』と石井基正さん  Mr.P : 2020/08/05(Wed) 04:32 No.17 

拡大 p_sorairo.jpg
浜野佐知監督の『奴隷調教 ドラゴンファクトリーの男たち』の準備を始めているときだった。
主役はこの男優をキャスティングしようと考えていますがと、監督から写真が送られてきた。封を開けるとそこには、何とも言えない爽やかな笑顔の青年の写真が。それが石井基正さんとの出会いだった。
かなりハードコアなそのSM作品の中で、どこか陰のある繊細な青年を見事に演じてくれて、石井基正さんは圧倒的にお客様の支持を得ることになった。
しばらくして、その作品の中で石井さんとW主役をやった山本竜二さんが初監督作品を撮ってくれることになり、山本竜二さんもそんな石井さんに何かインスピレーションを感じていたのだろう、主役は絶対に彼でいきますんでと言ってくれて、それで出来上がったのが『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』という作品だ。ハッテンバでのゲイたちのリアルな駆け引きを描くという手法と、石井さんの魅力をより引き出してくれた山本監督の手腕により、石井さんはお客様からゲイ映画のスーパースターとまで言われるようになった。
その『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』でチーフ助監督をしていたのが柴原光さんで、今度は山本竜二さんがプロデュースで、その柴原さんの監督デビュー作を作ろうという話になり、その主役はこういう流れの中だから、当然石井さんでということになった。
こうして出来上がったのが『ほんとうの空色』だ。
当時、柴原監督も石井基正さんも20代中頃という、若い二人の感性がガチンコでぶつかりあったことで、『ほんとうの空色』は25年以上たった今でも、まったく古びていない永遠の作品になったし、今もゲイのみなさんの中で哀しくも美しい作品として語り継がれている。

石井基正さんはその後、『ゲイのおもちゃ箱』、『新ハッテンバ・ラブ・ストーリー』と主役を務め、スーパースターのままスクリーンを去った。
機会があれば、石井さんの魅力に圧倒されてしまうに違いない、全作品をぜひ見てもらいたい。

[返信]
[修正]
ID:gft.IBbnuk




 伝説の美少年☆古賀生詞  ゲゲゲのおっちゃん : 2017/09/28(Thu) 12:48 No.13 

拡大 p_op_akogare.jpg
ENKプロモーションの映画をお楽しみいただいている皆様なら、この名前を覚えてらっしゃると思います。それほど“古賀生詞”は可愛かったのです。

まさにディズニーの「バンビ」の子鹿のように光り輝く少年でした。
バンビそのままに、しなやかに伸びた手足、美しい身体をスクリーンの中に見せ付けてくれました。

今回は、彼の鮮烈なデビュー作、その後演技派として大きく成長した最後の出演作を上映します。しなやかな少年の甘い身体から一人の男に成長した姿をまとめてお楽しみください。

あるお客様から「古賀君、テレビでよく見ました」と教えていただき、調べてみたところ、某テレビ番組で子役として活躍していたそうです。
知らなかった、残念。

古賀生詞クンは、大阪に来るたびに地元名物の「ういろう」を、お土産に持ってきてくれました。とても優しい男の子でした。お土産のういろうの、甘くまろやかな感じが、古賀生詞クンそのものでした。今でもういろうを食べるたびに、古賀生詞クンのことを思い出すんです。

(ローズメルマガ15号より転載)

[返信]
[修正]
ID:nD2jqqp3kA


新しいレスから表示

 1. Re: 伝説の美少年☆古賀生詞  おばたま : 2018/06/03(Sun) 03:10 No.16 

かわいい もっとパンフレットみたいです。
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.




 ゲイ映画専門館があるんですね〜  おばたま : 2018/06/03(Sun) 03:09 No.15 

拡大 61VXIk1a-kL.jpg
拡大 shinoburedo_640_1136.jpg
拡大 61Za5MEQltL__SX350_BO1,204,203,200_.jpg
日活ロマンポルノがあるように、ゲイの日活版があるのですね〜。
今や、腐女子がゲイビを見る時代です。
腐女子のための上映会を開いても良いのでは??

BLボーイズラブ漫画の映画化とかやってほしいです。
やってほしいな〜は

歴史BL漫画家 大竹直子女史の
歴史BL漫画を映画化してほしい!

「阿修羅の契り」=戦国時代の殿様と小姓の同性愛のお話しです。

「白の無言」=昭和初期、226事件を背景に陸軍士官学校に通う二人の美青年のお話し、時代考証が素晴らしい漫画です。

大竹先生は、4月25日放映NHK歴史ヒストリアで、井原西鶴「男色大鑑」を朗読しました。

そうゲイ文学の古典「男色大鑑」の映画化もしてほしいです。漫画化になっています。

[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.




 加藤監督がいつものように・・・  事務事務 : 2017/11/21(Tue) 02:40 No.14 

拡大 op_aniki52b.jpg
年末に、盆と正月は恒例のように加藤義一監督が帰郷されたついでに梅田ローズ劇場に来られました。友人とはいえ加藤監督も忙しいので、普段はメールや電話のやりとりは控えているんですね、事務事務。だから今回も「本日、京都に帰ってきました!」というメールが届くわけです(笑)

直前に、新作の「兄貴と俺 ときめきのKiss」の横浜での舞台挨拶があったりと忙しかった加藤監督ですが、「プレゼントやで〜」と封筒を手渡してくれました。

「なんやろなぁ〜?」と思いつつ、目の前で開けてみると・・・

横浜でもお客様に配布した、加藤組恒例の「フィルムしおり」。結構大量にあります。もちろん作品は「兄貴と俺 ときめきのKiss」。編集の際にカットしたフィルムを加藤監督自らカットしてくれたのだそうです!

「自分(事務事務のこと)、梅田でも配りたい言ってたでしょ」と加藤監督がにこやかに。わざわざ梅田ローズ劇場用にもいそいそと作ってくれていたんです。

もちろん主演の津田篤さんや丸山真幸さんのカットもありますし、ちょっとムフフなシーンもいくつかあったりします。

で、最後に加藤監督、

「僕(加藤監督)と津田さん呼んで、舞台挨拶をやらしてくださいね(笑)」

とのこと。このフィルムしおりはその際にプレゼントしたいとのこと。
こんな計画的な人だったっけ(笑)

「兄貴と俺 ときめきのKiss」の梅田ローズ劇場の上映は、ゴールデン・ウィークに予定されています。その際には何かイベントがあるかもしれません。皆様、ご期待ください。

(ローズメルマガ27号より転載)

[返信]
[修正]
ID:nD2jqqp3kA


| 1 | 2 | 3 | 4 |
NO: PASS:

[ Script by KentWeb ]

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 新宿ぽるの(東京・新宿)のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003