出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

ゲイ映画こぼれ話


映画こぼれ話イラスト 実はゲイ映画っていっぱい作られました。そんな中でも、選りすぐって作品紹介しちゃったり、撮影現場の思い出話をしちゃったり、キャストのオモシロ話などなど、とにかく裏話やこぼれ話など、いろいろご紹介しちゃいます。
もちろん、ご覧のみなさまからの突っ込みや映画やキャストに関するご質問もオッケ〜です。いろいろトークしちゃいましょう。

なお、個人情報などは省略する場合もありますので、ご了承下さい。

※出会い系の書き込み、個人情報、悪意ある書き込みなどは禁止致します。

 
映画こぼれ話


- 記事No. 17 の全体表示です。返信フォームから返信出来ます。 -

【親記事】
 『ほんとうの空色』と石井基正さん  Mr.P : 2020/08/05(Wed) 04:32 No.17 

拡大 p_sorairo.jpg
浜野佐知監督の『奴隷調教 ドラゴンファクトリーの男たち』の準備を始めているときだった。
主役はこの男優をキャスティングしようと考えていますがと、監督から写真が送られてきた。封を開けるとそこには、何とも言えない爽やかな笑顔の青年の写真が。それが石井基正さんとの出会いだった。
かなりハードコアなそのSM作品の中で、どこか陰のある繊細な青年を見事に演じてくれて、石井基正さんは圧倒的にお客様の支持を得ることになった。
しばらくして、その作品の中で石井さんとW主役をやった山本竜二さんが初監督作品を撮ってくれることになり、山本竜二さんもそんな石井さんに何かインスピレーションを感じていたのだろう、主役は絶対に彼でいきますんでと言ってくれて、それで出来上がったのが『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』という作品だ。ハッテンバでのゲイたちのリアルな駆け引きを描くという手法と、石井さんの魅力をより引き出してくれた山本監督の手腕により、石井さんはお客様からゲイ映画のスーパースターとまで言われるようになった。
その『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』でチーフ助監督をしていたのが柴原光さんで、今度は山本竜二さんがプロデュースで、その柴原さんの監督デビュー作を作ろうという話になり、その主役はこういう流れの中だから、当然石井さんでということになった。
こうして出来上がったのが『ほんとうの空色』だ。
当時、柴原監督も石井基正さんも20代中頃という、若い二人の感性がガチンコでぶつかりあったことで、『ほんとうの空色』は25年以上たった今でも、まったく古びていない永遠の作品になったし、今もゲイのみなさんの中で哀しくも美しい作品として語り継がれている。

石井基正さんはその後、『ゲイのおもちゃ箱』、『新ハッテンバ・ラブ・ストーリー』と主役を務め、スーパースターのままスクリーンを去った。
機会があれば、石井さんの魅力に圧倒されてしまうに違いない、全作品をぜひ見てもらいたい。

[返信]
[修正]
ID:gft.IBbnuk


返信フォーム
お名前 トリップ機能あり
タイトル
メッセージ
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png/2MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
返 信 返信無効にする
投稿後このスレッドに戻る

修正
NO: PASS:

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 新宿ぽるの(東京・新宿)のご案内 首里劇場(沖縄・首里)のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003