出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

横浜光音座①上映作品のご案内

【上映期間】 10月28日(水)~11月10日(火)

ぼくらの瞬間 (11月10日(火)まで上映)

ぼくらの瞬間のポスター画像◆解説◆
廣木監督(当時は広木名義)の「ぼくらのシリーズ」3部作の最終作。
当時大流行したミニFM放送局を立ち上げたゲイカップル。周りから何を言われても、いいじゃん別に、愛した人がたまたま男だったんだからと、青春を謳歌し、欲望のままに抱き合う。
そんな彼らの前に、本当はゲイなのに、世間の目とか色んなものに負けて、ゲイとしてのセクシャリティを捨てて生きてきた中年の男が、もう一度本当の自分を取り戻そうと現れるが…。
ゲイカルチャーというものがようやく世間で認知されだしてきた80年代だからこそ作られたこのシリーズ。当時の風俗を巧みに生かし、あくまでも普通にゲイカップルの恋模様を描いているところは、やはり凄い。特にこの作品では、ゲイへの応援歌という要素が強く、それは最終作だからだろうか。
若いゲイカップルを演じた、高橋&池田のコンビは、二人とも美形で、ナイスボディ。ゆえにこの二人の絡みは当然の如く、かなりいける。サービス満点だ。これも最終作だからかな?
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【CINEPO.com】にてセルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]廣木隆一 [脚本]川道正顕、福島冬生 [撮影]遠藤正史 [照明]隅田浩行 [助監督]長田浩一、大工原正樹 [音楽]ピクチュアーレコード [製作]優プロダクション [配給]ENKプロモーション
[出演]高橋一統、池田明瞳、大杉漣、池島ゆたか、松本真弓、遊佐亜由美

▲上へ戻る

最後の抱擁 (11月24日(火)まで上映)

最後の抱擁のポスター画像◆解説◆
寝る間も惜しんで愛に燃える。
いま、むしばまれるボクの肉体は、満足感と虚脱感の渦の中、激しく燃える。
若い頃は人気を博していた俳優の若松。40代となった今ではドラマで脇役に徹していた。彼がゲイだということは有名で、時間さえあれば、ミチルとタカシがやっているゲイバー「幸」へと通っていた。
そんなある日、若松は友人のプロデューサー・篠崎にシナリオライターの卵・菊男を紹介される。彼の脚本を読み、彼を一流のシナリオライターにしてみたいという願望が若松に湧くが、いつしか若松は菊男を真剣に愛している事に気づき…。
ちょっと切ないラブムービー。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]小川和久 [脚本]池袋高介 [撮影]喜久村徳章 [製作]小川企画プロダクション [配給]大蔵映画株式会社 [提供]オーピー映画
[出演]久須美欽一、熊谷一佳、工藤正人、山科薫、吉岡一郎

▲上へ戻る

光音座の上映ご案内に戻る

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 特別上映のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003