出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 3月3日(水)~9日(火)

アイスクリームのかほり (3月16日(火)まで上映)

アイスクリームのかほりのポスター画像◆解説◆
今、大阪で大ブームの街、新世界。
休日などは、若者や観光客でごった返し、名物の串かつ屋などは何時間も並ばないと食べられないほど。通天閣も入場制限されたりして、昭和ブームの後押しからか、今やトレンディーなデートスポットになっています。その変わりようは、まさに驚きです。
さてこの映画『アイスクリームのかほり』は、そんな新世界が舞台です。が、時代はちょっと遡って、まだこの街が、労働者の街やドヤ街などと呼ばれていた頃、つまりディープな下町だった頃のお話です。
もうすぐ30歳になる青年。一流の商社に入って、彼女もいてと、側から見ると順風なサラリーマン生活を送っているはずなんですが、どうも最近、これは俺の人生じゃないと感じ始めていて、彼女とも上手くいかなくなり、仕事もやる気が起こらない。いつのまにかダメ社員になっていたのです。
そんなある日、左遷気味の営業先の配置換えがあり、彼は新世界へと向います。この町は、昔子供の頃に一時住んでいたことがあるのですが、何故かそのときの記憶だけがポツンと抜けているのです。何かがあったことだけは分かるのですが、それが何だったか思い出せない…。が、その町に入ったとたん、次々と記憶が蘇ってきたのです。そして、大好きだった、アイスクリーム屋のおじさんのことも。
大好きだった…、大好きだった…、なんだろう、この感情は…。
そんな自分に戸惑う彼の前に、そのアイスクリーム屋のおじさんが現れたのです。何という再会なのか。その瞬間から、彼の人生は大きく変わり始めていって…。
一人の青年がゲイに目覚め、ほんとうの自分を取り戻していく過程を、丁寧に、そしてエロスと感情のバランス感覚を見事に描き、公開当時、現代詩の雑誌『ユリイカ』で絶賛された名作の久々の公開です。
街のかほり、そして人肌のかほりが、スクリーンから漂ってくる、エッチで胸キュンな映画。新世界ロケもいい感じで、懐かしさも味わえますよ。
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【CINEPO.com】にてセルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]剣崎譲 [脚本]駒来愼 [撮影]池田俊巳 [製作・配給]ENKプロモーション
[出演]梅田なつき、山口健、梅田千絵、矢崎哲朗、牧原仁志、橋本公一、河内紀彦、池上元昭、山田薫、梁井紀夫

▲上へ戻る

男街イリュージョン (3月9日(火)まで上映)

男街イリュージョンのポスター画像◆解説◆
もう一人のボクが見知らぬ街で漂い始め、夢が現実となり、愛の新世界の扉を開く…。
夢の中、御堂恭一は大男・凶一と小柄の男・狂一に犯される。そして次の夢、今度は恋人の竜とモーテルの一室にいた。二人はモーテルを出るとき、一組のカップルと入れ違った。狂一と凶一だ。しばらくして目が覚める恭一。恭一は確証の持てぬ自分の混乱した記憶に思いつめていき…。
実力派として有名な関根監督の作品は、エロいだけでなくストーリーも骨太で、エロだけを期待してたはずなのに途中からワクワクしてる自分に気づく、そんな楽しめる映画です。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]関根和美 [脚本]金泥駒 [撮影・照明]小山田勝治 [助監督]竹洞哲也 [スチール]佐藤初太郎 [編集]酒井正次 [製作]関根プロダクション [提供]オーピー映画
[出演]大掛俊介、銀治、やまきよ、竹本泰志、吉田祐健、町田政則、山内健嗣、中村杏里、小林操、飯島大介

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 新宿ぽるの(東京・新宿)のご案内 首里劇場(沖縄・首里)のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003