出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 12月23日(水)~29日(火)

狼の獲物たち (1月5日(火)まで上映)

狼の獲物たちのポスター画像◆解説◆
ボーイズ・ラブ界のアイドル、ヨハン・ポーリック衝撃のデビュー作!
純粋で汚れのない青年ダニエルは、自分の中にあるゲイとしての欲望に戸惑う日々を送っていた。ある日、勇気を出して入ったゲイバーでバーテンに一目惚れ。しかし想いを伝えることもできないまま表へ出てしまう。想いは募るばかり。いつしかゲイとしての戸惑いは消え、欲望の導火線に火のついたダニエルは、夜の街を徘徊して次から次へとむさぼるように禁断の愛におぼれていく。やがて、あのバーテンと結ばれることを夢見ながら…。
男性が男性を愛する…。世の中では敬遠されがちなデリケートなラブ・ストーリーに、今、特に女性が熱狂しているという。そんなボーイズ・ラブ・ムービーの名作と言われている『チェイン・リアクション』を劇場公開用に特別編集したのが、この『狼の獲物たち』だ。
東欧の古都、プラハを舞台に繰り広げられる、ボーイズのセクシャリティの夜明けと喪失。禁断の関係の連鎖反応=チェイン・リアクションが、官能的な美しさと妖艶な雰囲気の中で次から次へと展開する。
ゲイとしての自我に目覚め苦悩する美青年、ダニエルに扮したのは、18歳で映画デビューを果たし、『VOGUE』誌のモデルとしても活躍するヨハン・ポーリック。同姓、異性を問わず魅了するその魅力に思わず納得!?
『真夜中のダンサー』、『ラテンボーイズ・ゴー・トゥー・ヘル』に続いてENKプロモーションがお贈りする、海外超興奮フィルム第3弾!主演のヨハン・ポーリックがとにかくイケてます。
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【CINEPO.com】にてセルビデオ(DVD)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]ザヴィエル [脚本]スティーヴ・ビルフィールド [撮影]スティーヴ・プレンドリー [音楽]ノエル [原題]The Chain Reaction [配給]ENKプロモーション
[出演]ヨハン・ポーリック、クリスチャン・ジェンセン、エリク・コヴァク、パヴォル・メリス、ダニエル・ヴァレント、マーティン・ヴォルコー、アラン・グレスカ、マーク・スミノフ、アンドレイ・ミリク、リボー・カメンスキー

▲上へ戻る

僕らのラプソディ (12月29日(火)まで上映)

僕らのラプソディのポスター画像◆解説◆
でっかく膨らませろ!大きく張り出せ!
金も仕事も恋もSEXも、みんなまとめてSETだぜ!!
少年院を出所したばかりの健は、巌に声を掛けられ彼の弟分として何でも屋を始めた。ある日、些細な事で巌と口論になり、家を飛び出した健は、井沢に金で体を売ってしまう。井沢は「今日の獲物だ」と、ある女の写真を見せると、荒々しく健を抱いた。
家に帰り、巌と仲直りした健は、井沢の持っていた写真の女が誘拐された有名デザイナーの令嬢だということを知る。2人は彼女の救出して大金をせしめようと企むが…。
ちょっとスリリングでコミカルで…さすが関根監督は恋愛物語を表現させたら右にでるものがいない。もちろんエロさはマックスで興奮させられること請け合いだ!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]関根和美 [脚本・助監督]片山圭太 [撮影]柳田友貴 [照明]秋山和夫 [音楽]ザ・リハビリテーションズ [録音]シネ・キャビン [編集]フィルム・クラフト [製作]関根プロダクション [配給]大蔵映画株式会社 [提供]オーピー映画
[出演]やまきよ、村井智丸、吉行由実、吉田祐健、岡田謙一郎、柳東史、七月もみじ、飯島大介

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 特別上映のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003