出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 12月16日(水)~22日(火)

黒と黒 OUT OF THE WORLD (12月22日(火)まで上映)

黒と黒 OUT OF THE WORLDのポスター画像◆解説◆
世紀末の1998年、こんなステキな映画が誕生していた。
チーマーバブル全盛の頃、東京の街の中は、ナイキのスニーカーや、リーバイスのユーズド物、G-ショックの海外仕様物などが、ティーンたちを夢中にさせていた。今思うと、まさに何だったんだろうという、奇妙な一瞬だった。
そんな時代の空気の中、上野の町でつるんでいるゲイの悪ぶったグループの中の一人の少年が、最初は遊び気分で、いや、鴨ってやろうという気分で、付き合い始めた男に、いつの間にか真剣に恋をしてしまい、その男との恋を通して、人間として成長して、イイ男になっていく様子を、ストレートに感動的に描いた傑作が本作。まさに傑作なのだ。
監督の新里猛作は、この作品がデビュー作。ゆえに、ティーンたちの感情を、何のてらいもなく、真正面から取り上げた。それがこの作品を成功に導いた第一の原因だろう。ティーンたちの行動、不安定な気持ち、そしてSEX…。
かつて誰もが経験した、この振り返れば何よりも貴重だった時間が鮮やかに蘇ってくる。甘酸っぱい後悔とともに…。
本当に愛する人とのSEXが、一番素晴らしく、一番快感が得られる。そんな、ごくごく当たり前のことをこの映画は教えてくれるのだ。
キャストも、ティーンたちを演じる少年たちがいい。そして、彼らに愛を教えることになる大人の男を演じる、タケが絶品だ。実は大人だって、不安一杯で生きているんだというのが、しみじみと伝わってくる。そして、音楽も凄くご機嫌なのだ。ぜひ、一人でも多くの人に見て欲しい。心からそう思う映画、それがこの『黒と黒』だ。
本作は、全成人映画作品が審査対象の「ピンク映画大賞」で、ゲイポルノ映画ながら、ベストテンの第3位を獲得した。
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【CINEPO.com】にてセルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]新里猛作 [脚本]中野太 [撮影]中本憲政 [編集]酒井正次 [助監督]石川二郎 [製作・配給]ENKプロモーション
[出演]元輝ENOMOTO、タケ、直弼、YOUNG LION、哀田剛、小林節彦、森山龍二、神戸顕一

▲上へ戻る

僕らのラプソディ (12月29日(火)まで上映)

僕らのラプソディのポスター画像◆解説◆
でっかく膨らませろ!大きく張り出せ!
金も仕事も恋もSEXも、みんなまとめてSETだぜ!!
少年院を出所したばかりの健は、巌に声を掛けられ彼の弟分として何でも屋を始めた。ある日、些細な事で巌と口論になり、家を飛び出した健は、井沢に金で体を売ってしまう。井沢は「今日の獲物だ」と、ある女の写真を見せると、荒々しく健を抱いた。
家に帰り、巌と仲直りした健は、井沢の持っていた写真の女が誘拐された有名デザイナーの令嬢だということを知る。2人は彼女の救出して大金をせしめようと企むが…。
ちょっとスリリングでコミカルで…さすが関根監督は恋愛物語を表現させたら右にでるものがいない。もちろんエロさはマックスで興奮させられること請け合いだ!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]関根和美 [脚本・助監督]片山圭太 [撮影]柳田友貴 [照明]秋山和夫 [音楽]ザ・リハビリテーションズ [録音]シネ・キャビン [編集]フィルム・クラフト [製作]関根プロダクション [配給]大蔵映画株式会社 [提供]オーピー映画
[出演]やまきよ、村井智丸、吉行由実、吉田祐健、岡田謙一郎、柳東史、七月もみじ、飯島大介

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 新宿ぽるの(東京・新宿)のご案内 首里劇場(沖縄・首里)のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003