出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 8月19日(水)~25日(火)

かちんこ! 平成仁侠外伝 (8月25日(火)まで上映)

かちんこ! 平成仁侠外伝のポスター画像◆解説◆
本物ヤクザを出演させて任侠映画を作ろうと、彼らに資金を出させて製作を始めた監督だが、最初から借金苦で撮影は難航。ついには親分からの返済催促が始まった。その上、親分自らが監督をするぞと言い出して…。果たして映画は完成するのか?
前作で清水監督が描いたゲイ任侠の世界を、映画製作の裏話的に再構築し、エロさもパワーアップさせた、新感覚ゲイ映画。貴方の求めるものはここにある。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督・脚本・音楽]清水大敬 [撮影]宮原かほり [照明]ジョニー行方、大久保礼司 [録音]荒木俊一、西山秀明 [ポスター]田中幹雄 [スチール]中江大助 [殺陣師]永井祐久 [撮影助手]武井隆太郎、本庄在右 [仕上げ]東映ラボ・テック [制作]大敬オフィス [提供]オーピー映画
[出演]森羅万象、野村貴浩、山本宗介、折笠慎也、野間清史、佐々木狂介、山科薫、フランキー岡村

▲上へ戻る

こんな、ふたり (9月1日(火)まで上映)

こんな、ふたりのポスター画像◆解説◆
幸せで、深く愛し合いながら暮らしている、大学教授の淳之介とリーマンの和彦のカップル。不安なことといえば、何の不満もないことぐらいだろうか。
そんなある日、和彦が酔った勢いで、会社の女子社員とたった1回だけSEXをしてしまう。が、その1回で彼女は妊娠してしまう。
一方淳之介は、かつて一度結婚をしていて、子供が一人いた。が、妻にゲイであることがばれ、離婚され、以来子供には一切会わせてもらえない。妻には何の未練もないが、子供への思いは募る一方だった。
和彦から妊娠を告げられた淳之介は、子供への思いから、二人の子供としてその子を育てようと提案。彼女に産んでくれと依頼したが…。
監督の池島ゆたかは、かつて役者として若かりし頃に出演した、今や伝説的作品として一般映画ファンの間でも高評価を得ている、広木隆一監督の名作中の名作ゲイ映画『ぼくらの季節』へのオマージュとしてこの作品を企画、そして見事に撮り上げた(その『ぼくらの季節』で池島監督は、あの大杉漣とSEXをしているのだ!)。幸せすぎることへの不安…。この壮大なるテーマを、家族をキィーワードにして、興奮と勃起の連続のSEXシーンをふんだんに取り入れながら、予想を裏切るようなストーリー展開とともに、鮮やかなエンターテーメントな作品に仕上げてみせたのは、監督が長年やりたくて仕方がなかったというものだからかもしれない。
で、結果として、この作品は、ピンク映画大賞で、ベストテン第4位、最優秀監督賞、最優秀脚本賞(五代暁子)を受賞。『ぼくらの季節』に負けないような評価を得ることになった。
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【Gay.CINEPO.com】にてセルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]池島ゆたか [脚本]五代暁子 [撮影]清水正二 [照明]多摩三郎 [助監督]森山茂雄 [製作]セメントマッチ [配給]ENKプロモーション
[出演]隅井士門、霞草詞、佐々木共輔、樹かず、林由美香、神戸顕一

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 特別上映のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003