出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

ゲイ映画こぼれ話


映画こぼれ話イラスト 実はゲイ映画っていっぱい作られました。そんな中でも、選りすぐって作品紹介しちゃったり、撮影現場の思い出話をしちゃったり、キャストのオモシロ話などなど、とにかく裏話やこぼれ話など、いろいろご紹介しちゃいます。
もちろん、ご覧のみなさまからの突っ込みや映画やキャストに関するご質問もオッケ〜です。いろいろトークしちゃいましょう。

なお、個人情報などは省略する場合もありますので、ご了承下さい。

※出会い系の書き込み、個人情報、悪意ある書き込みなどは禁止致します。

 
映画こぼれ話

お名前 トリップ機能あり
タイトル
メッセージ
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png/2MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
返 信 返信無効にする



 三好涼くんのこと  アコースティックマン : 2015/08/22(Sat) 16:24 No.2 

拡大 wirun01.jpg
ローズ劇場のHOMOショーが全盛の頃、出演者の多くは、お客様の好みの最大公約数から、細身でダンスが上手い、いわゆるジャニ系の男の子たちが占めていましたね。佐賀照彦くんとか、渋谷和則くんとか、樹かずくんとか…。あるいはもう一方の好みとして、津川たかしくんとか、太田明くんとかの、スジ筋系も大人気でした。。
そんな中で、三好涼くんは少し異質でした。
180センチ近い長身、そして体型はちょっぴりポッチャリ系。ダンスはお世辞にも上手と言えず、みんなで踊るエンディングではいつもワンテンポ、ツーテンポずれていました。ただ、そんなダンスでも常に全力投球。振り付けは完全に頭に入っているし、とにかく真剣に取り組んでいるのが見る人に分かり、だからこそ、そのずれを非難したりする人は皆無で、かえって応援の声が掛かるほどでした。
つまり、三好涼くんは超が付くぐらい、真面目だったんですね。
ゆえに、後輩たちの面倒見もいいし、稽古中の小道具作りなども率先してしんどい役を引き受けたりしていました。そして常に笑顔。笑い声が実に大きく、回りを和ましてくれました。だからメンバーたちが親しみを込めて、彼のことをニックネームでマルちゃん、マルちゃんと呼んでいたのを、よく覚えています。
そんな三好涼くんを主役にして、映画を作ろうという動機から始まったのが、今回上映の『僕らのウィニングラン』なのです。
彼を面接して、脚本家はそのイメージからこのシナリオを書き上げ、監督も何度も彼と話し合いを行っていました。この役を三好涼にやらせようではなく、三好涼がこの役をやる、そういった映画なのです。
撮影が始まったら、プロデューサーが驚いていました。脚本は全部頭に入ってるし、監督の言うことを的確に表現するし、演技経験が無いというのが嘘みたいだよと。つまり、勘がいいんですね。その天性の勘の良さと真面目さがミックスされて、三好くんはみんなに愛されていたということです。撮影現場も彼の陽気さと気遣いで、とてもスムーズだったとか。それは画面を見てても感じられます。
三好涼くんはこの後、同じ監督と脚本家のトリオで『縄と男たち4 契』にも参加します。
三好くん、今、どうしているんだろう…。こうして文章を書いていると、久し振りに彼に会いたくなってきました。なので、またこの映画『僕らのウィニングラン』を見れるのが、ぼくも楽しみです。

(ローズメルマガ35号より転載)

[返信]
[修正]
ID:jgfapS.I72




 カジノ監督と『鎖縛 SABAKU』  プロデューサーSK : 2015/08/22(Sat) 15:01 No.1 

単独表示 p_sabaku.jpg
カジノ監督の渾身作『鎖縛 SABAKU』の完成試写会が終わってから数ヶ月経った頃、突然カジノ監督が東京からやって来ました。事前に何の連絡もなく、大阪へまさに唐突に現れたという感じでした。
「もし、ぼくがいなかったらどうするつもりやったん?」という問いに、監督は「どこかの温泉でも行って、また2日後ぐらいにでも再訪問する気でした」との答え。東京からも青春18切符を使って、丸1日掛けてやって来たというのです。驚きましたが、その行動はいかにもカジノ監督らしくって、笑ってもしまいました。
『鎖縛 SABAKU』はカジノ監督のデビュー作です。業界ではその実力から、長い間デビューを待たれながらも、なかなか監督自身が腰を上げなかったもので、結構時間がかかったのです。そのため、完成試写会後の打ち上げには多くの業界の仲間が駆けつけてくれて、大人数の長時間のパーティーになりました。もちろんその主役は監督で、次から次と祝杯が注がれていたため、あまりぼくと話す時間がなかったのは事実です。プロデューサーは本心ではこの映画の出来をどう思っているんだろう、というのが監督は実は気になっていたのでしょう。改めてそれを聞き出すというのも何となく照れくさく、それで突然旅行の途中のような振りをしてぼくの前に現れるという手段を取ったのでしょう。そういうシャイなところがカジノ監督にはあります。それが彼の長所でもあり、短所でもあるのかもしれません。
その日、カジノ監督とはいろいろな話をしました。ぼくが『鎖縛 SABAKU』という作品に対してどう感じたかは、監督自身もとても納得してくれたことはよく覚えています。
カジノ監督はその後、「青春18切符がまだ残っているので、やっぱり温泉にでも入って、一人打ち上げをして帰ります。関西のお勧めの温泉を教えて下さい」と言い、冬だったものでぼくは「この時期は城崎やな。温泉と蟹」と言うと、「じゃ、行ってきます」と笑顔で旅立っていきました。

その後この『鎖縛 SABAKU』という映画は、様々な評価を得ました。SM、暴力シーンの強烈さゆえ、それが堪えられない人から厳しい声が出たのも事実です。でも映像の圧倒的な力は多くの人を揺さぶり、カジノ監督はその年の新人監督賞を受賞し、さらに海外の映画祭からもオファーがあり、ドイツのベルリンで上映。それを見たドイツの映画プロデューサーのユルゲンさんが大変気に入り、彼の尽力でヨーロッパでDVD発売されるなど、大きな広がりとなっていきました。

今回久しぶりに梅田ローズ劇場のスクリーンで『鎖縛 SABAKU』が上映されるのを、ぼくはそういったカジノ監督とのことを思い出しながら、ワクワクして楽しもうと思います。ご覧になった皆様がこの作品をどう思われるか、ぜひ感想などをホームページなどにお寄せ下さい。お待ちしています。

なお、ヨーロッパで発売されたDVDには、英語、フランス語、ドイツ語、そしてギリシャ語の字幕が選択できる機能が付いています。ということは、スペインやポルトガルでは発売されていないということなんでしょうね。でも、ギリシャ語の字幕というのは初めて見ました。なんとなく奇妙で、笑えますよ。

(ローズメルマガ36号より転載)

[返信]
[修正]
ID:jgfapS.I72


| 1 | 2 | 3 |
NO: PASS:

[ Script by KentWeb ]


-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003