出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

横浜光音座1のご案内

関東圏で唯一のゲイ映画専門の映画館です。
横浜市内からはもちろん、都内近郊、静岡・東海エリアからもご来館頂いており、学生などの若い方から年配の方々まで幅広い世代のお客様で賑っています。


◆最新情報は、劇場公式ブログをご覧下さい。
  http://yokohamakouonza.blog.fc2.com/

▲上へ戻る

営業時間と入場料金

●毎週金・土曜日はオールナイト上映!
  ※日~木曜日 10:45 ~ 21:00
  ※金・土曜日 10:45 ~ 翌朝5:00

●ご入場料金
  一般料金/1,550円
  会員料金/1,130円(会員証ご持参の方)
  学生料金/1,130円(学生証ご持参の方)

〒231-0065 神奈川県横浜市中区宮川町2-59
  Tel. 045-231-0837
電車/京急日ノ出町駅より徒歩2分。JR根岸線・地下鉄桜木町駅より徒歩7分。
    また、WINS横浜(場外馬券)より徒歩2分です。
お車/徒歩8分圏内にコインパーキング多数あり。

光音座所在地マップYahoo!!乗換案内

▲上へ戻る

上映中映画のご案内

親父が愛した男たち 【上映期間】 8月8日(水)~21日(火)
◆解説◆
親父の遺品を整理してて、実はゲイだったという秘密を知った俺。誰にも言えないし、親父のことをもっと知りたくて、彼が付き合った男たちを訪ねて回ることにしたが…。
ハッテンするゲイな日々と、結婚や子育てなどノンケもどきな日々を対比しエロく掘り下げた、最新ゲイ映画の登場です。もちろん今回も光音座名物の舞台挨拶を開催。乞うご期待。
※8月26日(日)15時より新作映画舞台挨拶を開催です。
◆スタッフ・キャスト◆
[監督]加藤義一 [提供]オーピー映画
[出演]折笠慎也、蒼井希隆、黒木歩、森羅万象、安藤ヒロキオ

【同時上映】 夏男たちのラブ・ビーチ

8月22日(水)~9月4日(火) 縄と男たち3 男殺油地獄/親父が愛した男たち
青文字はENKプロモーション、黒文字はオーピー映画配給作品です。

▲上へ戻る

横浜光音座1探訪記

光音座ご案内画像 全国のゲイ映画館探訪記、3回目は横浜にやって来ました。
横浜はなんといってもおしゃれな町の代名詞。そこにある映画館ですから、期待は膨らみます。
交通の便は、京浜急行の日の出町駅が一番近く、そこからだと徒歩2分位とのこと。またJR桜木町駅からも10分ほどで行けるとのことで、今回は桜木町からぶらぶらと歩いていきました。
駅から海と反対側に伸びている大通りを真っ直ぐに進むと、左手に見えてきました。映画館単独の建物ですから分りやすいですね。
正面右側がピンク映画を上映する光音座2。
左側がゲイ映画の光音座1です。ゲイ映画の方が1というのが、映画館の経営姿勢が見えてくるようで嬉しかったりして。
入場料はここでも会員割引があって、もちろん他のゲイ映画館の会員証でもOKで、400円もお得。
「会員証をもってない人は受付で欲しいと言って下さいね。
無料でお渡しします。次回から割引になりますよ」
と受付の方がおっしゃってました。
さて館内ですが、ロビーが広く、ゆったりとした感じがします。
売店では映画やショー、そしてオリジナル作品のビデオやDVDも売ってました。そして照明をグッと落とした談話室もあり、ここはきっと皆んなあれこれと利用しているんでしょうね。
場内は天井が凄く高く、開放感があります。
スクリーンは大きく、迫力満点。客席は広くなく狭くなくという、映画館としては全体的にちょうどいい感じだなと思いました。
(一部省略)
また支配人さんは
「そうですね、横浜という町の特性を生かして、もっと若い方に来て頂ける劇場を目指していきたいと思っています」
ともおっしゃってました。期待してます。
取材を終えて夕方劇場を出ると、大学生ぐらいのカッコイイ人が、スッと劇場に入っていくのを目撃しました。横浜の夜は、これからが長いようです。

[Badi 07年12月号(テラ出版)掲載より]

▲上へ戻る

東京の天気予報
-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003