出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 2月27日(水)~3月5日(火)

愛のラビリンス (3月12日(火)まで上映)

愛のラビリンスのポスター画像◆解説◆
佑介は、父の尚也と二人暮し。小さい頃に母を亡くして以来、ずっと父の世話をしてきた関係で、ちょっとファザコンが入っている25歳だ。
著名なゲイ写真家の篠崎とは、スタイリスト兼モデル兼、愛人という関係をここ1年ぐらい続けている。篠崎から貰っている金額は大きく、これは愛なのか援交なのか、本人も分からない。が、もうひとつのバイト先のゲイバーのマスターとも気楽にSEXしたりもしている。
そんな佑介に密かに憧れを抱いている後輩のマコトがいる。佑介はその気持ちにも気付いているのだが、今の束縛が無いこんな生活が心地よく、その日その日を楽しく生きていた。
ある日、父の尚也に再婚話があることが分かった。その上、その相手の女が、佑介のバイト先のゲイバーにやって来て…。
カミングアウトや自分探しなど、25歳のゲイの心と身体を等身大に描こうという意欲作。『こんな、ふたり』『ぼくとダディのこと』の池島ゆたか監督、五代暁子脚本のコンビによる作品。さすがエロの巨匠・池島監督、今回もねっとりべったり、興奮のエロシーンを見せてくれます。
これから25歳になる人、今25歳ぐらいの人、かつて25歳だった人、全ての世代のゲイに捧ぐ、愛の人間讃歌の作品です。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]池島ゆたか [脚本]五代暁子 [撮影・照明]清水正二 [助監督]佐藤吏 [音楽]大場一魅 [録音]シネ・キャビン [編集]酒井正次 [スチール]津田一郎 [製作]セメントマッチ [配給]オーピー映画
[出演]森健人、牧村耕次、綱島渉、本多菊次朗、横須賀正一、紅蘭、池島ゆたか

▲上へ戻る

ぼくらの瞬間

ぼくらの瞬間のポスター画像◆解説◆
廣木監督(当時は広木名義)の「ぼくらのシリーズ」3部作の最終作。
当時大流行したミニFM放送局を立ち上げたゲイカップル。周りから何を言われても、いいじゃん別に、愛した人がたまたま男だったんだからと、青春を謳歌し、欲望のままに抱き合う。
そんな彼らの前に、本当はゲイなのに、世間の目とか色んなものに負けて、ゲイとしてのセクシャリティを捨てて生きてきた中年の男が、もう一度本当の自分を取り戻そうと現れるが…。
ゲイカルチャーというものがようやく世間で認知されだしてきた80年代だからこそ作られたこのシリーズ。当時の風俗を巧みに生かし、あくまでも普通にゲイカップルの恋模様を描いているところは、やはり凄い。特にこの作品では、ゲイへの応援歌という要素が強く、それは最終作だからだろうか。
若いゲイカップルを演じた、高橋&池田のコンビは、二人とも美形で、ナイスボディ。ゆえにこの二人の絡みは当然の如く、かなりいける。サービス満点だ。これも最終作だからかな?
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【Gay.CINEPO.com】にてセルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]廣木隆一 [脚本]川道正顕、福島冬生 [撮影]遠藤正史 [照明]隅田浩行 [助監督]長田浩一、大工原正樹 [音楽]ピクチュアーレコード [製作]優プロダクション [配給]ENKプロモーション
[出演]高橋一統、池田明瞳、大杉漣、池島ゆたか、松本真弓、遊佐亜由美

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る
大阪の天気予報
-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003