出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 3月28日(水)~4月3日(火)

素敵な片思い (4月11日(火)まで上映)

素敵な片思いのポスター画像◆解説◆
アナタを見守る…それだけでも幸せ。だから、好きになってくれなくてもいいの。マギー、やさしさをありがとう。
裏稼業の祖父江の元に依頼が入った。パチンコ店の売り上げを持って逃亡した従業員シローを捕まえることだ。舎弟の勝也と共にさっそく調査始めた。そして潜伏していたシローは簡単に見つかるが、襲撃を受けながらもうまく逃げ出した。
ゲイバーのマスター、マギーは店の前で気絶している男を見つけ自宅に連れ帰った。それは傷だらけのシローだ。裸のまま横たわるシローの肉体は美しく、襲いたくなるが…。
傷だらけの男を取り巻く、男たちの欲望、そして母性本能に翻弄される男。佐野和宏脚本による様々な葛藤と戦う男たちの激しさを、森山監督が表現豊かに描いた作品だ。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]森山茂雄 [脚本]佐野和宏 [撮影・照明]長谷川卓也 [助監督]伊藤一平 [音楽]大場一魅 [編集]酒井正次 [製作]Power Fool [提供]オーピー映画
[出演]佐野和宏、豊永伸一郎、銀治、本多菊二朗、吉岡睦雄、向夏、Joho A.Michaels、色華昇子

▲上へ戻る

義経伝説

義経伝説のポスター画像◆解説◆
NHKの大河ドラマで『義経』がありました。タッキーこと滝沢君が、義経の大役を精一杯演じて、なかなか好評のようでしたが、ゲイ映画館でもタッキー主演の『義経』が上映です!?
さて、こちらの方は『義経伝説』。現代の京都の町を舞台に、男1,000人喰いを目標に、日夜ハッテンバに出入りする弁介という男が、大願成就寸前、1,000本目の男として出会ったのは、義経という、美少年だった…。
この弁介という、気は優しく、力持ち、そして超とんでもなく助平なキャラクタ-を演じるのが、HOMO映画界のタッキーこと、津川たかしです。義経の方ではなく、弁慶の方ですね。そして美少年義経を演じるのは、当時のショーに出演していた中で、最小年で人気絶大だった、川口星矢です。
義経ものということで、京都の町をフルロケーション。北は鞍馬から、清水寺などなど、本当に京都市内各地がうまく使われています。特に、鞍馬の火祭りのシーンは印象的に使われ、ストーリーの重要なエポックとなっています。
まさに津川タッキーの熱演で、やらしくも、コミカルで、パワー充満の映画になった『義経伝説』。京都の方は必見ですぞ!
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【Gay.CINEPO.com】にてセルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]剣崎譲 [脚本]駒来愼 [撮影]藪坂正史 [照明]北井哲男 [ネガ編集]酒井正次 [製作]翔の会 [配給]ENKプロモーション
[出演]津川たかし、川口星矢、広瀬優也、梅田なつき、早瀬勇次、森健二

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る
大阪の天気予報
-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003