出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

ゲイ映画こぼれ話


映画こぼれ話イラスト 実はゲイ映画っていっぱい作られました。そんな中でも、選りすぐって作品紹介しちゃったり、撮影現場の思い出話をしちゃったり、キャストのオモシロ話などなど、とにかく裏話やこぼれ話など、いろいろご紹介しちゃいます。
もちろん、ご覧のみなさまからの突っ込みや映画やキャストに関するご質問もオッケ〜です。いろいろトークしちゃいましょう。

なお、個人情報などは省略する場合もありますので、ご了承下さい。

※出会い系の書き込み、個人情報、悪意ある書き込みなどは禁止致します。

 
映画こぼれ話

お名前 トリップ機能あり
タイトル
メッセージ
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png/2MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
返 信 返信無効にする



 山本竜二さんの思い出  事務事務 : 2016/10/11(Tue) 15:41 No.8 

拡大 p_cinema.jpg
本日、2/12〜公開の「0105は男の番号」の監督・主演をされている山本竜二さん。京都出身の山本竜二さん(通称 竜ちゃん。事務事務は 竜二さん)は、当社の京都の映画館「シネフレンズ西陣」も愛してくれた方です。

シネフレンズ西陣を舞台にした作品「シネマHOMOパラダイス」を監督されたり、ショーにも出演していただいたりと、竜二さんのサービス精神及びパワーには脱帽させられましたね。

同じ京都出身、そして、実は生まれ育った地域も一緒だった事務事務は、ひょんな機会に竜二さんとお会いしたことがあります。

シネフレンズ西陣で、何故か(笑)香港のアクションスター、ブルース・リーのドキュメンタリーを上映することになった時のこと。当時、シネフレンズ西陣勤務だった事務事務は、京都の繁華街の新京極通をポスターやらチラシ、前売り券などを抱え宣伝活動に勤しんでいました。

「あ〜 急がなきゃ(・Θ・;)アセアセ…」と歩いていて、すれ違った人の顔に「(; ̄ー ̄)...ン?」。漫画のように、後ろに戻り顔を覗き込むと竜二さん!

事務事務「あの〜 失礼ですが・・・ 山本竜二さんですよね?」
竜二さん「えっ!?」
事務事務「僕、ENKの京都の映画館で働いていて・・・」
竜二「あっ(^^) そうなんや〜」

そうなんです、人通りの多い新京極通で竜二さんと立ち話(笑)

お互いに時間がないということもあり、簡単なご挨拶になったのですが、事務事務の抱えるポスターに竜二さん興味津々。事情を説明すると・・・

竜二さん「えっ ホンマに♪ アチョー(と・・・ブルース・リーの物真似を・・・) やるんや♪ ええなぁ そのポスター♪」

ホンマ ええ人です、竜二さん。

後日、ローズ劇場にばったり来られた際には、もちろんブルース・リーネタで盛り上がったのは言うまでもない話ですがね( ̄∇+ ̄)vキラーン

そんな竜二さんの人柄がにじみ出ているような痛快コメディ「0105は男の番号」、本日より上映です。お見逃し無く!

(ローズメルマガ28号より転載)

[返信]
[修正]
ID:Mt3KjYC1TA




 ゲイ映画の楽しみ方(グッバイボーイ編)  アコースティックマン : 2016/09/11(Sun) 16:40 No.7 

拡大 p_goodby.jpg
ちょうど約1年前ですね。日本中がこの話題に持ち切りでした。そうです。日本映画が史上初めて、アカデミー賞の最優秀外国映画賞を受賞したことです。
その映画は『おくりびと』。その後『おくりびと』は、凱旋公開のような形で全国で再び上映され、異例のロングランヒットを続けました。ご覧になった方も多いと思います。
その『おくりびと』の監督が、滝田洋二郎さん。滝田監督は良く知られているように、成人映画の出身で、数多くのピンク映画を監督し、それらが高い評価を得て、やがて一般映画のメガフォンを取るようになっていったわけです。
そんな滝田監督ですが、なんとゲイ映画も1本撮っておられるんですよ。その滝田監督唯一のゲイ映画が、今回上映の『グッバイボーイ』です。

この『グッバイボーイ』、実は10年近く全国どこの映画館でも上映していませんでした。プリントが痛んでしまって、上映不可能だったのです。でも、滝田監督のゲイ映画をぜひ見てみたいというご意見をメールでいただいたり、直接リクエストをいただいたりしたものですから、ちょうど4月4日に映画とドラァグクイーンとのコラボイベントをしようという計画もありましたし、この際思い切ってニュープリントを作ろうということになり、今回の復活上映となったわけです。

ここでちょっと映画のお勉強。
ローズ劇場以外でも時々見かける、ニュープリントでの上映という言葉。これはどういう意味なのかご存知ですか?
ニュープリントというのは、現像所に預けてある35ミリのネガから、新しく上映フィルムを作ることで、ま、ちょっと昔の例で言えば、写真をネガから焼きまわしするのと同じ理屈です。じゃ、簡単じゃんと思われるかもしれませんが、映画は写真と違って音声が入ってきますので、そのタイミングの調整が結構大変ですし、ネガの劣化による修整などの作業も場合によっては必要となります。そしてそして、何しろ映画のフィルムを1本新しく作るわけですから、かなりのお金もかかります。実はこれが一番大変だったりして…(汗)

ま、そんなこんなで、待望の滝田監督の若き日の佳作がローズ劇場で見れるようになったことは、何はともあれめでたいことです。
内容はといえば、もうそれは見ていただくのが一番ということで、とやかく言いません。とにかく細かいギャグとパロディが全篇に散りばめられていて、見るたびに新しいツボがあると思います。
世間的には滝田監督の成人映画時代の代表作は『桃色身体検査』『タイムアバンチュール 絶頂5秒前』(ともに日活)と言われていますが、この『グッバイボーイ』もこれを機会にそれらの仲間入りをするんじゃないかという予感がしますが…。

ということで、アカデミー賞監督のゲイ映画という幻が、いよいよこの3月27日から幻でなくなるわけですので、この機会をお見逃しなく。
ご来場お待ちしております。

追伸
一般映画進出後の滝田監督の作品では、ぼくは『僕らはみんな生きている』『演歌の花道』『秘密』といった作品が好きだな〜。『グッバイボーイ』も含めてやはり滝田監督の本領はコメディタッチで発揮されている気がするんですが。
『陰陽師』『壬生義士伝』などは滝田監督がやる必要がなかったような…。

(ローズメルマガ7号より転載)

[返信]
[修正]
ID:jgfapS.I72




 碓田清司くんの面白エピソード  アコースティックマン : 2016/05/29(Sun) 16:06 No.6 

拡大 kamen02.jpg
いよいよサッカーのワールドカップの開幕が目前に迫ってきました。
目標はベスト4なんていう壮大な夢を掲げた日本がどこまでやれるのか、サッカーにあまり興味のない人でも、やはり気になっちゃいますよね。
ゲイって、野球は苦手だけど、サッカーはまだマシ、という方が結構多いから、意外と劇場の中でもそんな話が飛び交ってるかも知れません。

さて、そんな6月ですが、この5日から公開の『仮面の誘惑』、そして同じく6月の26日公開の『若者狩り』の2作品に連続して主演している、サッカー選手に負けないイケメンの俳優、碓田清司くんについてお話します。
碓田くん、ほんとに可愛いです。いわゆる正統的な2枚目という顔立ちではありませんが、キュート、愛くるしい、抱きしめたいという美形で、身体もほんとに綺麗。
俳優として、映画はもちろん、舞台、そしてAVなんかにも出演して、幅広く活躍してました。イケメンなんで、AVでは相手役の女優さんの受けも良かったそうですよ。
で、ここからはそんな碓田くんの面白エピソードを暴露しちゃいます。

ある年、エロ系雑誌で、年末企画としてその年に活躍したAV男優を集めて座談会というのが行われました。ノンケさん向けの雑誌なんで、あの女優はどうだとかいった女優のエロ度品評会みたいな内容なんですね。その座談会に、碓田くんも出席していました。他は有名どころの男優。その中に、ゲイ映画でもお馴染みで、今は監督として活躍する池島ゆたかさんもいらっしゃったんです。実は、『仮面の誘惑』で碓田くんは、その池島ゆたかさんと共演してまして、お二人、濃厚な絡みを映画の中でやってるんですね。
そして座談会が佳境になってきて、ノンケ読者が一番喜びそうな「今年してもらったフェラチオの中で、一番上手かった女優は誰だ」というテーマになったとき、それぞれの男優さんはAちゃんだとか、いやBちゃんだよなんて言って盛り上がっていく中、碓田くんはなんと、その年に撮影したこの『仮面の誘惑』での絡みを思い出したのか、「池島さん」と言ってしまったんです!
一瞬座談会は沈黙し、その後で大爆笑になったそうです。
そりゃそうですよね。ノンケエロ雑誌の座談会で、同じ男優仲間の池島さんのフェラチオが一番気持ちよかった、なんて言っちゃったら。

その後、この碓田くん発言はそのまま雑誌に載っちゃったそうで、しばらくは碓田くん現場でみんなから、しょっちゅうからかわれていたとか。また同時にゲイ映画の現場では、どうせなら池島さんにフェラチオしてもらいたいという男優さんの希望がいくつかあったとか。
碓田くん、ここで書いてもよかったよね(笑)。

てなわけで、この面白エピソードを生んだ、池島ゆたかさんの絶品フェラが堪能できる『仮面の誘惑』、絶対にお見逃しなく。
ご来場お待ちしております。

(ローズメルマガ12号より転載)

[返信]
[修正]
ID:jgfapS.I72




 犯し屋・港雄一、犯される!  映画好き姐さん : 2016/04/15(Fri) 11:48 No.5 

拡大 Mr.Minato.jpg
俳優、港雄一(みなと ゆういち)。
恰幅のいい身体に、強面の容姿。どすの効いた低音の声に、ダンプカーのような動き。まさに、どこかの組の親分もびびって逃げ出すんじゃないかという存在感を持つ、個性派俳優だ。今日から公開の『俺たちに明日はある!』でも、若専の好色なやくざの親分を演じている。いやはやこの人がいなければこの映画は成立しなかったんじゃないかと思うぐらいだ。
そんな港雄一についたあだ名が「犯し屋」。
その風貌から、演じた役の多くが無理やり相手を犯す役で、もう彼がスクリーンに出てくるだけで、あっ今度は誰が犯されるんだろうと思ってしまうぐらいだ。
成人映画のキャリアはかなり古く、ごく初期の頃から出演し、ピンク、日活ロマンポルノ、そしてゲイ映画まで、まさに数が多すぎて、おそらく誰も彼の正確なフィルモグラフィーは作れないんじゃないかと思う。1000本以上の映画に出演しているはずだ。特に、日活ロマンポルノでの団鬼六原作のSM作品での、容赦無しのドS役はまさに当たり役だった。
名前を知らなくっても、顔を見ればあの人かと思い出す人も多いはずだ。彼はゲイ映画も大好きで、こちらも数多く出演しているし、ゲイ映画への思いから監督までもやっている(港雄一初監督作品『刺青・愛・乱舞(ラブ)』)。
また、かってのシネ・フレンズ西陣では何度か「SMホモショー」を自ら企画して出演・演出もしているので、覚えていらっしゃる方もいるだろう。
で、1000本以上の映画に出演しているということは、ひとつの作品でいつも2、3人は犯しているから、犯した人の数は2000人以上ということになる。いや〜、凄い…。まさに「犯し屋」だ。
実はそんな港雄一の犯しまくった歴史の中で、たった1度、港雄一が「犯されている」作品があるのだ。それがなんと、『俺たちに明日はある!』なのだ。
短いシーンだが、あの港雄一がバックスタイルで、若い可愛い男の子にアナルを貫かれ、ウォ〜ウォ〜喘いでいるという、成人映画史上奇跡のようなカットがある。これは見逃せない。しっかりと見届けてほしい。
ま、それがどうしたのと言われれば、それまでなんだが、映画というのはこういう些細なことにもひとつひとつ意味が付いてくるものなのだ。そこがAVと根本的に違うということだろう。

そんな港雄一さんだが、その風貌とは反対に、素顔は実にサービスマンで、常にお客様はどうすれば喜ぶだろうといったことを考えている人だ。だから時にはそのサービス精神から演技がオーバー気味になってしまうことがある。そのあたりから最近は若い監督たちのキャスティングから敬遠されるようになってきた。しかしまだまだその貴重なキャラクターは、成人映画界にとって必要なはずだ。もうひと踏ん張りもふた踏ん張りもしてもらいたい。
頑張れ、港雄一。まだまだ犯しまくれ!

(ローズメルマガ19号より転載)

[返信]
[修正]
ID:jgfapS.I72




 『ハードコア・デイズ』日本公開までの日々  プロデューサーSK : 2015/08/22(Sat) 16:45 No.4 

単独表示 p_hardcore.jpg
洋画を日本で公開するには、色々と大変だ。
今回はこのたびローズ劇場で公開される『ハードコア・デイズ』を例に、その舞台裏作業を紹介したい。
外国で作られた映画の上映権利を買って、日本で公開するには様々な方法がある。一番有名なのは、海外の映画祭へ行って、現地でそれを見て、これはいけると思ったらその場でその作品のエージェントに交渉するというのがある。だが、そんな場所に出品される作品というのはごく僅かで、多くは何らかの伝手を頼って、サンプルビデオという形で海を越えてやってくる。

ある日、映画プロデューサーで、監督でもある鈴木章浩氏から連絡があった。
鈴木氏とは大木裕之監督の『あなたがすきです、だいすきです』『たまあそび』のプロデューサー、そして『天使の楽園』の監督として、一緒にゲイ映画を作ってきた。また、フィリピンの衝撃的なゲイ映画『真夜中のダンサー』を共同で輸入し大きな話題を提供したりした、気心の知れた仲である。

「アメリカの作品でね、凄くエロいし、ストーリーも面白いし、デボラ・ハリーとか一流どころが出演してる、いい映画があるんだけど」
「アメリカ映画なら権利高いでしょう。ウチでは手を出せないよ」
「それがさ、ちょっとした伝手で来たもんだから、無茶な値段じゃないんだよ。サンプルビデオ送るからさ、一度見てくれる?」
ということで、ビデオが送られてきた。
といっても、そのビデオは当然アメリカのサンプル盤なので、日本語字幕などは入っていない。自慢じゃないが私は英語はチンプンカンプン。一緒に送ってもらったあらすじのペーパーを見ながら鑑賞すると、細かいところまでは分からないが、なるほど鈴木氏の言う通り、エロくて、面白い。
そして値段も、一社じゃちょっときついが、ウチと鈴木氏の会社で共同で出資すれば何とかなりそうだ。ということで、GOとなった。もちろん向こうのエージェンシーとの交渉は英語が堪能な鈴木氏が受け持ってくれた。

ここからが実務である。
まずアメリカからプリントが届くと、まず税関の試写室で審査を受ける。
この映画を日本に輸入してもいいのかどうかの税関員の判断だ。つまりこの試写室内は、法律上は日本国内ではないということになる。ここでNGが出ると、プリントはそのまま強制送還となるのだ。そしてここでOKが出て、初めて日本語字幕の焼付けという作業に入れる。
翻訳、日本公開タイトルの決定など、次から次と作業がある。特にこの作品の原題は、英語のエロ系のスラングなので、そのままをカタカナ表記したのではまったく意味が分からないので、どうしても邦題を付けなければならない。色々おバカなタイトルも出たが、結局鈴木氏の案で『ハードコア・デイズ』に決定。
そうしてようやく日本版のプリントが出来上がったところで、映倫審査を受けて、まさにようやくようやく劇場で上映ができるということになるのだ。

正直言うと、経費や作業の複雑さを考えると、新作映画を撮影する方がうんと楽だ。しかし、ウチと鈴木氏が動かなかったら、この作品には大手やアート系の会社も含めて、どこも手を出さなかっただろう。つまり日本では見れなかったということになる。この作品がこうしてローズ劇場のスクリーンで上映されることというのは、少しばかし私たちの働きがあったからかなという誇りも混じっている。

とにかく、アメリカ・インディペンデント映画の傑作『ハードコア・デイズ』、ぜひご覧いただきたいと思う。
お盆休み、皆様のご来場をお待ちしています。

(ローズメルマガ16号より転載)

[返信]
[修正]
ID:jgfapS.I72


| 1 | 2 | 3 |
NO: PASS:

[ Script by KentWeb ]


-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003