出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 5月1日(水・)~7日(火)

広田ひかるの ボクはもう子供じゃないんだ (5月14日(火)まで上映)

広田ひかるの ボクはもう子供じゃないんだのポスター画像◆解説◆
ショーで大人気だった男の子たちが、その魅力を大全開!!
はじめまして、広田ひかるといいます。今回、初めて映像作品で主演しました。でも、監督の要求があまりに過激で、はっきり言ってめちゃ恥ずかしかったです。ほらっ、ケツ出せの、指突っ込めだの、あげくの果てには相手の出したものを舐めろだの、超カゲキでした。見てもらえば納得してもらえると思うけど、ドラマに絡みにダンスにオナニー、とっても盛りだくさんの内容です。ごゆっくり楽しんでください。
こんな文章を書いてくれた、最近では雑誌でもメジャーになったひかるクン。たくさんのみなさまからのラブコールにお応えして、ひかるクン決定版の上映決定! ご期待下さい。
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【Gay.CINEPO.com】にてオリジナルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]北野はじめ [提供]スタジオT&K [配給]ENKプロモーション
[出演]広田ひかる、神城浩樹、広瀬優也、早瀬勇治、相川純 ほか

▲上へ戻る

男たちの夢音色

男たちの夢音色のポスター画像◆解説◆
ヤスは毎夜路上でギターの弾き語りをしている。彼の前に見知らぬ青年ダレが立っていた。真っ直ぐな意見を言うダレに、ヤスは一瞬にしてほのかな恋心を覚え、帰る場所もないというダレを自分のアパートに連れて行った。
部屋にはヤスの仲間である漫才コンビのオットウとボーフラ、ヤスのバイト仲間で夢は正社員になる事というマザコンのセッケンという面々が入り浸っていた。ダレはその雰囲気に心地よさを覚えた。ヤスは好きなだけいろよと言った。そしていつしか彼への思いを強めていく。そんな中、オットウは年齢的に後がないと思いつめ、芸人を辞めると言い出す。ボーフラは必死に説得する。それは相方としてより、彼への感情からだった。そして二人は大阪で再起を試みることにした。送別会の夜は更けてゆく。
翌日、ヤスとダレ、セッケンは強引に二人の車に乗り込み、大阪へ向かった…。
ギターの弾き語りをするヤスと彼を取りまく男たちの熱い愛情と冷たいバトルの結末は見逃せないぞ!
オーピー映画の総力をあげた話題作。ご期待下さい!!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]竹洞哲也 [脚本]社会歳三 [撮影・照明]創優和 [音楽]與語一平 [編集]フィルムクラフト [録音]シネ・キャビン [助監督]横江宏樹 [スチール]佐藤初太郎 [製作]Blue Frest Film [提供]オーピー映画
[出演]橋本和明、岡田智宏、松浦祐也、サーモン鮭山、高見和正、横須賀正一

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る
大阪の天気予報
-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003