出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 3月14日(水)~20日(火)

渚のファンタジー (3月27日(火)まで上映)

渚のファンタジーのポスター画像◆解説◆
ボクは白い船、キミは青い海、とても大きな水しぶきにゆられゆられて…快楽の青春航路をひた走る!!
予備校生の吾郎は、好きだった女性に告白したがフられ、何も手に付かず、とある桟橋で思いに耽っていた。そこに見ず知らずの男・神田が声をかけてきた。そしてこの薬を飲めば楽になると言われ、錠剤を飲む吾郎。
神田はこれから船に乗り、島で宝探しをするという。ついてこないかといわれ吾郎は船に乗る…神田は地図を片手に島の森のどこかに必ず宝があると断言する。しかし宝はなにか分からないというが…。
夏色のまばゆい時間をすごす男たちを美しく映像化した作品です。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]新倉直人 [脚本]松瀬直仁 [撮影]柳田友貴 [製作]シネコスモジャパン [配給]大蔵映画株式会社 [提供]オーピー映画
[出演]工藤正人、大原勝利、國枝木太郎、葉月渚、坂入正三

▲上へ戻る

イルカは海に帰る

イルカは海に帰るのポスター画像◆解説◆
デビュー作『ほんとうの空色』で、ゲイポルノ映画でありながら、日本ピンク映画大賞の新人監督賞を受賞するなど、鮮烈な登場をした、柴原光監督の長編第2作。本作でもその力量は冴えに冴え渡っている。
主人公の設定に、不器用な生き方しか出来ない、だから現代社会からドロップアウトしかかっているという人物を持ってくる辺り、監督の視線は優しい。この恋人関係にあたる主人公二人を中心に、物語は進んでいくのだが、現実はやはりこの二人には厳しい。やがて、どうしようもなくなっていき、二人は破滅への道を転がり込んでいく。が、監督の視線はここでもどうしようもなく優しく、ラストでイルカというキーワードになるものが、再生の道を進むシーンには素直に感動してしまう。柴原監督、やるな~。
『ほんとうの空色』でもそうだったが、柴原監督のSEX描写は、エロの中に猛烈な愛を感じる。たとえ行きずりのSEXであろうとも、その行為中の男の向こうには、常に愛する人が存在する、そんな感じが伝わってくるのだ。だから興奮できる。もの凄いエロなのだ。
あと、音楽。友情参加で、元アナーキーの仲野茂が担当。またARBも楽曲提供をしているのも特筆ものです。
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【Gay.CINEPO.com】にてセルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]柴原光 [脚本]五代響子 [撮影]中尾正人、西久保維宏 [照明]多摩三郎、多摩次郎 [音楽]野島健太郎 [助監督]森田高之、森山茂雄、杉山正弘 [製作]オフィスバロウズ [配給]ENKプロモーション
[出演]伊藤猛、山本清彦、池田タケ、日比野達郎、清水大敬、堀江基博、平口弘美、サンダー杉山

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る
大阪の天気予報
-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003