出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 8月2日(水)~8日(火)

平成仁侠伝 兄弟、あの空で会おうぜ! (8月15日(火)まで上映)

平成仁侠伝 兄弟、あの空で会おうぜ!のポスター画像◆解説◆
昔ながらの仁義を重んじる加藤組。かつては隆盛を極めたものの、今では時代に取り残され、弱小やくざとなっていた。一方、汚いやり口で縄張りを広げ、地元の政治家と手を組み勢力を拡大している沢木組。沢木組組長の沢木は、じゃまな加藤組を無きものにしようと画策を続けていた。そんな加藤の頼みの綱は、10年前の抗争で服役中の若頭・山倉健児。出所予定も近く、幼少期から子供のように可愛がっていた健児の帰りを心待ちにする日々が続いていた。
ある日、些細なもめ事を解決に出かけた加藤組長は、ついに沢木組の手のものに襲われ、入院してしまう。そこに出所した山倉が挨拶にやってきて、渡りに船とばかりに組を託したが、その後、再び現れた沢木組の手のものに襲われ、ついに加藤組長は殺されてしまった。
残された組員たちは復讐を誓ったが…。
鬼才・清水大敬監督のゲイ映画登場。清水大敬氏は、俳優として映画・テレビでの活躍だけでなく、近年は映画などの監督、脚本家としても活躍の傍ら、「ザ・スラップスティック」の座長としても定期的な公演を行い、喜劇役者としてお客様と生のふれあいを大切にしている。だからこそ、時代のいぶきと空気感、みずみずしい感性と緊張感をゲイ映画の世界に持ち込め得た作品です。ご期待下さい。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督・脚本・殺陣・音楽]清水大敬 [撮影]井上明 [照明]小川満 [助監督]十文字梅軒 [スチール]ナカデ、吉田将 [録音]小林徹哉 [仕上げ]東映ラボ・テック [アクション・コーディネート]早瀬重希 [ボディペイント協力](株)アップロック [制作進行]井草萌美 [製作](有)大敬オフィス [提供]オーピー映画株式会社
[出演]筑波竜一、鈴本泰司、野村貴浩、柳俊成、森羅万象、KOH、柳東史、しゅう、津田篤、佐々木共輔、山科薫、稲城弥太郎、アクションチーム RAL'C、幕末剣友会

▲上へ戻る

愛欲のデッサン

愛欲のデッサンのポスター画像◆解説◆
美大生の男が街を歩いている。と、知らない男とぶつかった。その拍子に美大生のカバンからゲイ雑誌がこぼれ落ちる。焦る美大生。が、男は平然と言う。
「ぼくもあなたと同じです」。こうして二人の同棲が始まった。
美大生と、元画家志望で挫折して、今は弱小出版社に勤め趣味で絵を書き続けている男。男はこの美大生に自分の果たせなかった夢を見るように、愛した。抱いても抱いても飽きないように毎日。
が、ある日美大生の学校のヌードデッサンの授業に、もの凄く美しい身体で、美貌のモデルが現れた。美大生は眩暈が起こるほど興奮してしまった。こんな美しい男は見たことがない。興奮冷め止まぬまま家に帰った美大生は、男にそのモデルのことを話してしまう。嫉妬とそのモデルへの興味から男は、デッサンの勉強に、そのモデルに家に来てもらって、プライベートモデルをやってもらわないかと提案する。
やがてモデルがやってきた。美しい全裸の男が二人の前に立ったその瞬間から、三人の男たちの間に狂気の官能の火種が点火し始めて…。
とにかく、絡みがねちっこい。長回しのワンカットで、執拗に執拗に、果てのないようなSEXを描いていく。粘っこい演出が身上の橋口卓明監督(『さよならが言えない』『十八歳』『縄と男たち5 傷だらけの懺悔録』)の真骨頂だ。文句なしに興奮できる。美貌のモデル役を演じるのが、古賀生詞。まさに適役で、惜しげもなくその身体を全開してくれる。三人の微妙な関係が徐々に追い詰められていくストーリー展開と、SEXシーンに没頭していると、ラストには意外な結末が…。
最後までじっくりと楽しんで欲しい。
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【Gay.CINEPO.com】にてセルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]橋口卓明 [脚本]仲根弘樹 [撮影]下元哲 [編集]酒井正次 [製作・配給]ENKプロモーション
[出演]筒井徹、霞村トマト、古賀生詞、池島ゆたか

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る
大阪の天気予報
-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003