出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

日劇ローズ上映作品のご案内

【上映期間】 5月17日(水)~23日(火)

縄と男たち4 契(きずな) (5月30日(火)まで上映)

縄と男たち4 契(きずな)のポスター画像◆解説◆
大ヒットSMゲイ映画シリーズ第4弾は、日本の古都・京都を舞台に、縛ることでしか愛を表現できない男の、自虐のSM行為を描く大興奮作だ。
京都に住む日本舞踊の師匠は、名人といわれ、数多くの弟子たちを持ち、隆盛を極めていた。が、その師匠が交通事故に遭い、下半身不随となってしまった。もう踊れない師匠に付いていたって仕方がないと、弟子たちは次々と去ってしまい、残ったのはたった一人…。
残った男は、師匠のことを心から愛していた。そして献身的に師匠の世話をした。師匠もその弟子の愛を無償の愛と思い、受け入れていたのだが…。
しかし男は若い。ときどき性欲の発散と息抜きで、元カレとSEXしたり、ハッテンバ映画館へ出入りしたりしていた。それが師匠にばれたのだ。無償の愛と信じていた師匠はショックを受ける。そして猛烈な嫉妬から、弟子がそんなことをするのは、自分の下半身が不随となりまったく役に立たなくなってしまったからだと思い込んでしまう。なら、その弟子を自分の下に留めておくには、弟子を縛って、自由を奪うことしかないと思い…。
その日から、師匠から弟子への、縄を使った責め地獄が始まった…。
京都の西陣にある、大正時代建築の旧家を一軒丸ごと借りてロケをしたため、見事な和風テイストな中で繰り広げられるSMシーンは迫力満点。縄、炎が日本建築の中でさらに妖艶さを増し、まさに京都ロケの醍醐味が味わえる。また、惜しまれつつ閉館したシネ・フレンズ西陣でもハッテン乱交シーンなどがロケされており、かつて通ったことがある方には涙ものかも。
とにもかくにも「縄と男たち」シリーズの中でも、異色の超刺激作である。
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味はあるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【Gay.CINEPO.com】にてセルビデオ(VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]剣崎譲 [脚本]駒来愼 [助監督]岸田一也 [撮影]牧逸郎 [照明]北井哲男 [音楽]山田かかし [美術]森本かおり [録音]東洋スタジオ 石立幸雄 [編集]京ふたば [製作・配給]ENKプロモーション
[出演]渋谷和則、梁井紀夫、三好涼、小林弘

▲上へ戻る

ビースト・シャドウ 暴行の爪痕

ビースト・シャドウ 暴行の爪痕のポスター画像◆解説◆
目覚めたケダモノの熱い毒牙。もう誰も逃げられない…。
植木職人の水男と見習いの風男、その恋人石男がキャンプ場に休暇にやって来た。風男が好きな水男はイチャつく二人を見て嫉妬を募らせた。そんな思いを紛らすように一人散歩に出た彼は、アラブ人のような一枚布をまとった男に犯された。水男がその事を言い出せぬままでいると、今度は石男が餌食になった。怒りに燃えた石男と風男は男の正体を暴こうと決意する。
その頃、元ラガーマンの夢男が一枚布の女と出会った。夢男は一枚布の男に犯されたことがあるが、一瞬の出来事だったためそれが現実か夢なのかをはっりさせるべく、男との再会を願っていた。女は布男の正体を話し始め…。
“ピンク界のデビッド・リンチ”こと山崎邦紀監督による幻想的かつバイオレンスなゲイ・ムービー。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督・脚本]山崎邦紀 [撮影・照明]岩崎智之 [音楽]中空龍 [録音]シネ・キャビン [製作]株式会社旦々舎 [配給]オーピー映画
[出演]垂柳敦詩、平倫太郎、平川直大、柳東史、三浦影虎、佐々木基子

▲上へ戻る

日劇ローズの上映ご案内に戻る
大阪の天気予報
-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003