出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

小倉名画座2上映作品のご案内

【上映期間】 6月19日(水)~25日(火)

僕色のくちづけ (7月2日(火)まで上映)

僕色のくちづけのポスター画像◆解説◆
Next Door…その唇に酔いしれて夢心地!
オッス!俺はタカシ。いつもスロットで万年金欠野郎なんだ。家賃も滞納しまくっててヤバイやばい。恋人の祐一は貨物船に乗って世界中を旅する男。今夜は久しぶりに戻ってきた祐一とセックスしまくったぜ。
そんな俺のバイト先は新宿のゲイバー。お客にも借金してるけど、ママが勝手に肩代わりしてくれるせいでやめることもできない状態なんだ。
ある日、俺の隣の部屋に相田典史って奴が越して来た。こいつちょっと変わってる奴だけど、なんか気になって…。
ムチかわな主人公が巻き起こす、楽しくって、でもちょっとセンチになれる、エロ充満のストーリー。
恋愛描写に定評のある田中康文監督がゲイ映画初挑戦。新風いっぱいのゲイ映画にエロキュン間違いなし!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督・脚本]田中康文 [撮影]下垣外純 [編集]酒井正次 [助監督]江尻大、菊嶌稔章、[スチール]本田あきら [音楽]小鷹裕 [応援]小林徹哉 [製作]ラボアブロス [提供]オーピー映画
[出演]デキヒ、山槇ドー、久保田泰也、岡田智宏、竹本泰志、池島ゆたか、太田始

▲上へ戻る

リーマンブルース

リーマンブルースのポスター画像◆解説◆
スーツフェチの皆さん、お待たせしました!
今まで、ありそうでなかった、リーマン映画の登場です。
この作品の前作『思いはあなただけ』で、ハードボイルド・ゲイ映画というジャンルで、ゲイ映画に初めて挑み、見事「ピンク映画大賞」最優秀作品賞という快挙を成し遂げた北沢幸雄監督が、一転、普通のサラーリーマンを主人公に、哀愁あふれるゲイの気持ちを描いた佳作です。
ゲイであることを会社にも世間にも隠している、リーマンが主人公。が、彼には同棲中の恋人がいる。その恋人は、逆にゲイであることを謳歌しているフリーター。そんな二人の、幸せな生活、SEX、ゲイであることでの世間との戦い、そして突然にやってくる別れ、などを静かに、そしてしっかりと描いていきます。
いわゆる、普通、がテーマなので、妙に納得したり、切なくなってきたり、身につまされたりはするけど、そこは北沢監督、見ているうちに知らずにドラマに引き込まれていってしまい、主人公に共感し、そして、ちゃんとエッチには興奮してしまったりしています。この辺りが良質のエンターテーメント、ということになるわけですね。
リーマンフェチでない人には、フリーター役の池田くんをお勧めします。マジ、美少年ですよ。彼のエッチ姿はほんとにそそられます。こういうキャスティングをするところも、エンターテーメントということなんでしょう。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督・脚本・編集]北沢幸雄 [撮影]小山田勝治 [照明]渡波洋行 [音楽]TAOKA [助監督]堀禎一 [製作]IIZUMI Production [配給]ENKプロモーション
[出演]杉本まこと、池田一視、佐々木基子、樹かず、神戸顕一、篠原さゆり

▲上へ戻る

名画座の上映ご案内に戻る
福岡の天気予報
-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003