出会いと待ち合わせができてくつろげるゲイの人たちのためのゲイ映画館情報サイト!

的場シネマ上映作品のご案内

【上映期間】 6月8日(金)~28日(木)

縄と男たち5 傷だらけの懺悔録

縄と男たち5 傷だらけの懺悔録のポスター画像◆解説◆
自閉症気味で、何度もリストカットをしたことのある少年アツシ。そんな彼を何とか救いたいと思っている恋人の青年マサアキ。田舎の古い因習、二人を見る周りの目、それらがアツシを傷つけているのだと思い、二人は何もかも捨てて、田舎から逃げ出した。
東京。マサアキは運送会社のトラッカーとして働き、アツシはホームページや掲示板などネットの世界を通して、同じ悩みを持つ人たちとの接点を探していた。二人の貧しいが、慎ましい生活…。が、ある日、アツシはネットでSMクラブのことを知り、猛烈に興味を覚え、まるで何かに惹かれるようにそこに行ってしまった。そして、そこのSMショーに出演することになったのだが…。
縛られることで、そして縛られている自分を多くの人の目に晒すことで、自分を解放出来ることを知ってしまったアツシ。そんなアツシを理解しながらも戸惑うマサアキ。そして、アツシのことを愛するが上に、マサアキもそのSMクラブへ向かったのだが…。
現代社会を懸命に生きる二人の、危険な恋の逃避行を描く、大ヒットシリーズ第5弾。壮絶なる緊縛SMシーンの連続で進められていくストーリー展開は、まさに目が離せず、猛烈にそそられる。男が男を縛る、という行為の美しさをとことん堪能できる。
監督は『縄と男たち3 男殺油地獄』『18歳』の橋口卓明。脚本は、この作品でピンク映画大賞脚本賞を受賞した武田浩介。気鋭のスタッフでお贈りする「縄と男たちシリーズ」の最高傑作だ。
なお、残念ながらこの作品の上映中に映画館にこれない方、興味があるんだが遠方なのでという方、この作品はビデオでも見ることが出来ます。
■【Gay.CINEPO.com】にてセルビデオ(DVD・VHS)絶賛発売中!

◆スタッフ・キャスト◆
[監督]橋口卓明 [脚本]武田浩介 [撮影監督]中尾正人 [編集]酒井正二 [助監督]石川二郎 [緊縛指導]荊子 [製作・配給]ENKプロモーション
[出演]青山為武、八幡現代、森山龍二、橋本嘉之、川勝一英、野上正義、元輝ENOMOTO、牧村耕次

▲上へ戻る

馬と潮風に抱かれて

馬と潮風に抱かれてのポスター画像◆解説◆
幸男は高校時代からの憧れだった、馬の調教師になるために、恋人の亮と別れ、競走馬フユノイナズマのいる厩舎にやって来た。幸男は昔、たまたま見たフユノイナズマの猛々しく勃起した巨大ペニスが忘れられないのだった。幸男はゲイだ。
厩舎での生活が始まった。フユノイナズマは現在レース153連敗中。その上怪我で、引退の危機にさらされていた。幸男は親身になって世話をした。
厩舎のオーナーはゲイで、幸男がゲイだというのを知ると、雇ってやる代わりにと、執拗に身体を求めてきた。フユノイナズマへの愛と、世話を続けたい一心から、幸男はSEXに応じ続けたが、それに嫉妬したオーナーの恋人と偶然あるハッテンバで出会ってしまって…。
幸男とフユノイナズマ、そして大先輩の調教師・山下、三者それぞれの思いが軸となって展開する異色作。とにかくデカイ、巨大な馬のペニスがスクリーン一杯に映し出されます。その一物には、目がテン!です。
男と男、男と馬、禁断の愛の扉が次々と開かれていく、興奮の連続。フツ~じゃないSEXって、やっぱ刺激的ですよね。

◆スタッフ・キャスト◆
[監督・撮影]下元哲 [脚本]吉行良介、宮崎剛 [照明]代田橋男 [助監督]梶野考、高田宝重 [音楽]梅沢身知子 [スチール]小櫃亘弘 [編集]酒井正次 [プロデューサー]関根和美 [製作]関根プロダクション [提供]オーピー映画
[出演]真内賢司、久須美欽一、坂入正三、幸将司、なかみつせいじ、神戸顕一

▲上へ戻る

的場シネマの上映ご案内に戻る
広島の天気予報
-天気予報コム-

横浜・光音座のご案内 大阪・日劇ローズのご案内 広島・的場シネマのご案内 小倉・名画座のご案内 スポットゲイ映画上映館のご案内 ENKプロモーションからのお知らせ 映画こぼれ話 お客様とスタッフ交流ボード みるく紅茶の部屋 ゲイ映画館リンクコーナー よくあるご質問(FAQ) お問い合わせフォーム

Twitterで表示

Copy Right ENK Promotion Co.,Ltd. Since 2003